ゼロ活力鍋

圧力鍋で作る手羽元カレーの素の作り方/レシピ/ゼロ活力鍋

圧力鍋のゼロ活力鍋で作った手羽元カレー

圧力鍋でカレーを作ると美味しいですよね。

その中でも、手羽元をほろほろになるまで煮込んで、骨のエキスまで出た、カレーの素を使ったカレーは本当に「うまみ」の塊が入っているかのように、よだれが出てしまうくらい美味しい。

牛すじでも、豚肉でも美味しいのですが、手羽元をそのまま入れても、ほろほろに出来てしまう圧力鍋でつくると本当に美味しいので、是非、作ってみてください。

お玉で、骨からお肉を楽々外すことが出来るので、骨の処理に困ることもありません。

【加圧時間30分(調理時間10分)】

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で作る手羽元カレーの素の材料

家にある野菜と、手羽元を準備しましょう。

今回作った手羽元カレーの素に使用した材料は、

  • 人参
  • 玉ねぎ
  • さつまいも
  • キャベツ
  • 手羽元
  • カレールー

です。

圧力鍋の手羽元カレーの素の材料

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で作る手羽元カレーの素の作り方

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で作る手羽元カレーの素の材料と下準備

圧力鍋で煮込むことで、野菜は溶けてしまいます。

冷蔵庫に残っている野菜を使って、手羽元カレーの素を作っていきましょう。

さつまいもをたくさんいれたので、甘めのカレーになりました♬

  • STEP1
    野菜を切る

    野菜を切っていきます。

    圧力鍋(ゼロ活力鍋)で加圧するため、大きめにざっくりと切るだけで大丈夫です。

    人参を洗って皮ごと切ります。

    手羽元カレーに入れる人参

    さつまいもも皮ごとざっくりと切ります。

    圧力鍋の手羽元カレーの素に入れるさつまいも

    キャベツは手でちぎってしまっても大丈夫。固い部分は、包丁で切っていきましょう。

    手羽元カレーに入れたキャベツ
  • STEP2
    圧力鍋に材料を入れる

    圧力鍋に材料をすべて入れていきます。

    今回、玉ねぎを切りすぎて、圧力鍋に入りきらず、別の鍋で煮込みました(‘Д’)

    材料を圧力鍋に入れたら、圧力鍋の半分くらいまで水を入れてください。

    手羽元カレーの素の作り方
  • STEP3
    30分加圧する

    材料を入れたら、強火にかけ、加圧していきます。

    ゼロ活力鍋のピンが上がって、シュッシュといいだしたら、中火にして、30分加圧します。

    入りきらなかった玉ねぎを横で煮込みました(‘Д’)w

    圧力鍋(ゼロ活力鍋)と手羽元カレーの素 圧力鍋で作る手羽元カレーの素手羽元カレーの素に入れる玉ねぎ

    30分しっかりと、加圧したら火を止めてください。

  • STEP4
    ピンが下がったらかき混ぜる

    ゼロ活力鍋のピンが下がって、加圧が終わったら、蓋を開けて、圧力鍋の中を確認しましょう。

    今回は、別鍋で玉ねぎを煮たため、煮込んだものを合わせてかき混ぜました。

    手羽元カレーの素と圧力鍋のゼロ活力鍋
  • STEP5
    手羽元の肉を骨から外す

    30分加圧していると、手羽元の肉の部分は、お玉で簡単に外すことが出来ます。

    手羽元カレーの手羽元の肉 手羽元カレーの素の手羽元の骨を外す

    ルーを入れる前に、骨から肉の部分を外しておくことで、食べる時に、骨に困ることがありません。

    圧力鍋で作るからこそ、骨をするっととることができます。

    加圧時間を長くすると、お玉で骨が崩れてしまうほど柔らかくなることもあります。

    骨から外した肉は、好みにもよりますが、崩してしまった方が、他の具材と馴染みます。

 

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で作る手羽元カレーの素のレシピ/仕上げ

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で、野菜・手羽元を加圧して、ほろほろにしました。

骨から、お肉をとって、骨を捨てたら、手羽元カレーの素は出来上がりです。

カレーの素は、カレーだけでなく、

  • おみそ汁
  • シチュー
  • スープ

にすることも出来ます。

ここからは、カレーにしていく手順です。

  • STEP1
    カレーに使う分を取り分ける

    カレーに使う分の、手羽元カレーの素をフッ素コーティングされた鍋に取り分けます。

    ゼロ活力鍋でカレールーを煮込むよりも、フッ素コーティングされた鍋の方が、洗う時に楽だからです。

    手羽元カレーの素を使ってカレーを作る
  • STEP2
    温めながらカレールーを入れる

    圧力鍋から、フッ素コーティングされた鍋に手羽元カレーの素を移したら、カレールーを加えます。

    手羽元カレーにカレールーを入れる

    お玉でかき混ぜながら、溶かしていきます。

    弱火から中火程度で溶かしていくと溶けやすいです。

  • STEP3
    水分の調整をする

    カレールーを溶かしながら、水分が足りないようであれば、少しずつ水を加えて、水加減をみていきます。

    一気に加えすぎると、サラサラになってしまうので、少しずつ加えていきましょう。

  • STEP5
    ケチャップを少し入れる

    カレールーが溶けたら、隠し味で少しだけケチャップを入れます。

    ほんの少しだけ入れると、味がさらに深まります。

    手羽元カレーにケチャップを隠し味で入れる 手羽元カレーに隠し味でケチャップを入れた
  • STEP5
    とろみがついたら出来上がり

    とろみがついてきたら圧力鍋で作る手羽元カレーの出来上がりです。

    ゼロ活力鍋で作った手羽元カレー

    パセリを少しかけると、香りが立って美味しいです。

    活力鍋で作った手羽元カレー 手羽元カレーにかけるパセリ

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で作る手羽元カレーの素の残りの保存

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で作った手羽元カレーの素が余ったら、蓋をして鍋ごと冷蔵庫で保存しましょう。

翌日カレーにしてもいいですし、シチュー・スープ・味噌汁にしてもいいでしょう。

使いたい分だけ、他の鍋に取り分けて使っていくと、翌日の料理に一品汁物を増やすことが出来たり、メイン料理に変身させることが出来たりします。

手羽元の骨から、旨味が出ているので、何を作っても美味しいです。

ゼロ活力鍋と手羽元カレーの素

【補足】

  • 水を入れすぎると、加圧した時にあふれるので入れすぎには注意しましょう。
  • 香りを良くしたい場合には、ローリエの葉を加えるといいです。
  • 手羽元を冷凍保存している場合も冷凍したまま入れて大丈夫です。
  • ゼロ活力鍋の蓋は、赤い取っ手がついているものに変えて冷蔵庫に入れましょう。
  • さつまいもを入れすぎると、甘くなるため、おみそ汁にしたい場合には、さつまいもはほどほどにしてください。

今回使用した調味料/道具

  • ゼロ活力鍋

おすすめの付け合わせ

目玉焼きを乗せたり、菜花の塩ゆず和え(えごま)を付け合わせにするといいですよ。

冷凍ご飯の日は、どうしても見た目が悪くなってしまいますが、「雪だるまカレー」と名付けました。

手羽元カレー 菜花の塩ゆず和え